長野県の仙仁温泉(岩の湯)への旅!朝食も家族風呂も最高【2019年3月 その2】

仙仁温泉2日目です。

今回は2泊3日の宿泊となっています。こうして帰る時間が近づいて来てると思うと寂しいですが、めいっぱい楽しもうと思います。

今回は宿泊では2日目に外出はせず、ずっと仙仁温泉の中に引きこもる計画です。皆さん、連泊の場合は外出されることが多いみたいですね。

仙仁温泉旅行 2019年3月 その1
仙仁温泉旅行 2019年3月 その2 ←イマココ
仙仁温泉旅行 2019年3月 その3
仙仁温泉旅行 2019年3月 その4
>仙仁温泉のまとめ情報(作成中)

2日目の朝食は和食

岩の湯宿泊の2日目の朝食(1回目の朝食)は和食でした。

確か朝食は、決まった時間内であれば何時に行っても良かったと思います。僕は9時30分くらいに向かいました。

 

美味しい朝ご飯。色味が素敵です。

 

そばがゆです。すごく優しい味です。昨日暴飲暴食したのが嘘のように癒やされます。おかわり可能だったかと思いますが、器が大きいので、一杯で十分でした。

 

白米も頂けます。

全体的に優しい味付けですが、量はかなりボリューミーです。品数が多いからそう感じるのかも知れません。カロリー的には少なそうな気もします。

 

漬物さんたちです。

 

いつも定番で頂ける料理です。3つ上の写真で、卓上で火にかかっているのがこれです。湯豆腐だったか、それに近いものだったと思います。ポン酢をかけて頂いた記憶が。かなりの量があって、お腹が膨れます。

 

お魚と卵焼きです。

 

小松菜のジュースだったと思います。すごく濃厚。以前来たときも頂けました。身体の中から癒やされます。

 

デザートです。

 

最後にコーヒーを頂きました。

昨日パンパンになるまで食べたので、優しい味付けの朝食に癒やされました。結局朝食でもパンパンになってしまいましたけどね笑。幸せな満腹感です。

 

部屋に戻るとフルーツ盛りが!冷蔵庫に入れて、後から美味しく頂きました。

朝食後は周辺を散策「森のテラス遊歩道」

仙仁温泉の一番上にある「夢想の湯」をさらに階段で上ると、山道に出ます。

「この先はどうなっているのかな~~」

と前から気になっていたので、散策してみました。

 

ゲゲゲの鬼太郎みたいな世界観の写真が撮れました。夜に来たらかなり怖いと思います。

 

道は舗装されているわけではなく、なんとなく「これが道かな?」と思える道っぽいものの上を進みます。

かなり急勾配で、危ない場所もあります。

 

何も考えていなくて、仙仁温泉で提供される草履で来てしまったのですが、これは普通にスニーカーとかを履いて来た方が良さそうです。

 

卓球台でしょうか?あると聞いてたので、多分そうではないかと。暖かい時期だと使えるのですかね。

 

ベンチがありました。

 

僕はビビりなので、熊を警戒していました。

前に仙仁温泉に来たときに「子グマらしきものが目撃されています」って看板があった気がするんですよね・・・。

ということで昔の写真を漁っていたら見つけました。2016年12月の写真です。

9月21日の朝、遊歩道において小熊らしきものが目撃されていますので、散策の際はご注意下さい。

うーん、ちょっと怖い笑。まあでも今回はこの注意書きはなかったので、多分大丈夫でしょう。だ、大丈夫ですよね。

 

なんだかアート作品のよう。

散策を続けると、山の下に降りていく道を発見しました。上に行ったらキリがなさそうなので、とりあえず下に見える道路に向かっていきます。

 

しばらく歩くと、仙仁温泉が見えてきました。遠くの方に建物が見えます。生還を果たした気分。

 

仙仁温泉に着いたときに見えた川です。

 

ティールーム櫓(やぐら)が見えてきました。なるほど、ここに戻ってくるんですね。

 

仙仁についてのお話が書いてありました。なぜこの場所に。

 

左の階段を登ると、ティールーム櫓の正面に出ます。

 

ということでこの散策、最終的には、ティールーム檜の前にある階段のところに着きました。疲れた・・・。

仙仁温泉に戻ったあとに従業員さんに聞いてみると、仙仁温泉側に熊はおらず、道路を挟んだ向こう側に熊がいるらしいです。

昼の無想の湯へ!

山道から戻って、昼食までにまだ時間があったので露天風呂に入ることにしました。空いていたので、無想の湯へ!1日目の夜中に夜の無想の湯には入ったので、今度は昼の無想の湯です。

たしか無想の湯が一番新しい露天風呂だったと思うのですが、そのせいなのか、なんだかキレイな造りになっているんですよね。

仙仁温泉の一番上に位置する「夢想の湯」です。無想の湯から更に上に上がると、先ほどの山道に出ます。

 

無想の湯。

 

解放感があります。日差しが注ぎ込んでいます。

 

洗面台です。イスに座ったら鏡に自分が映らないかも?と今ふと思いました。女性にとっては困る点でしょうか。今度確認してみよう。

 

右手の扉がシャワールーム、左手の扉がトイレに繋がっています。トイレにはなぜか中が見える窓が開いていました。笑

トイレです。広々しています。

 

無想の湯の、室内のお風呂です。

 

 

無想の湯の露天風呂です。

 

 

露天風呂で立ち上がったときに広がる景色です。

無想の湯は広くて綺麗です。3つの露天風呂全てに良いところがありますね。

2日目の昼食はティールーム檜でおそばランチ

仙仁温泉の宿泊で提供されるのは、朝ご飯と、晩ご飯です。昼食は自由にとることになります。

以前泊まった時は2日目に小布施に行って昼食を食べたのですが、今回は「宿から出ない!」と決めていたので、仙仁温泉の中にあるティールーム檜でおそばを食べることにしていました(予約しました)。

前々から「ティールーム欅に行きたい!」と思っていました(2日目の夕食のときに行ったことはあります)。今回初日にケーキを食べることができたので、今度はランチです!

先ほどお腹いっぱいになるまで朝ご飯を食べたのですが、山道を散策したことと、5時間ほど経ったこともあって、ほどよくお腹が空いていました。もう、旅に行って食べまくるのは仕方ないですよね~。その前後で調整しないと。

 

上のメニューに書いてある通り、ティールーム櫓で昼食をとる場合は予約が必要なようです。

茶房櫓にて(12時~14時頃迄)

おそれいりますが、昼食をご注文されるお客さまは12時頃までにフロント9番までお知らせ下さいませ。

と書いてあります。僕は今朝の朝食のときに、従業員さんに予約のお願いをしました。

 

ティールーム欅に到着。

昨日も来ましたが、高級感のある内装です。政治家とかいそう。

たまたまですが、この個室は以前来たことがある部屋でした。その時は夜だったのですが、昼は昼でいい雰囲気です。こういうところに暮らしてみたい。

 

今回頼んだのは、「あたたかい山里そば(1200円)」と、

 

「あたたかい山里うどん(1200円)」です。

デザートも付いてました!仙仁温泉のフルーツはおいしいので嬉しいです。

おそばとうどんは優しい薄味で、ホッと癒やされました。これもかなり量は多めでした。なかなかお腹は膨れるかと思います。

2日目もお抹茶とデザートを

1日目の最初にお抹茶とデザートを頂いたのですが、2日目も、昼食を食べたティールーム櫓を出たところで、お声掛け頂きました。

今回のデザートは昨日とは違いました。色々楽しめて嬉しいです。確かプルーンを使ったデザートだったと思います。

心遣いが本当に嬉しい宿ですね。

家族風呂へGO!かなり好きな穴場です

仙仁温泉には3つの露天風呂の他に、大浴場と洞窟風呂、そして家族風呂があります。

僕がイチオシなのはこの家族風呂。すごーくリラックスできるんです。

家族風呂は室内風呂です。この写真の左側に家族風呂の入口があります。

家族風呂の入口です。先に妻が入っているので、ランプが光っています。

※上の写真の浴槽の他に、もう1つ寝湯があります。

家族風呂は露天風呂ではなく、窓も小さいです。ちょっと広い普通のお風呂って感じもするのですが、横になってリラックスできたり、人気風呂ではないので「次の人が待ってるかも!」と必要以上に焦ることもないんです。

僕は今回で3回目の仙仁温泉ですが、家族風呂が埋まっているのは1回も見たことがありません。

家族風呂には大きな湯船が2つで、1つは足を伸ばせる寝湯です。

僕は「家族風呂が一番好きかも!」と思っていたこともあります。今でも相当好きです。ここが家族風呂が人気のお風呂にならないことを祈ります。笑

※今回家族風呂を撮った写真がなかったので、以前訪れたときの写真を使っています。

深仙庵で2日目の夕食

2日目の夕食は、昨日と同じ深仙庵です。

以前2泊したとき、2日目の夕食の場所はティールーム櫓で、すごくひっそり静かな雰囲気でした。僕はどちらかというとワイワイしている方が好きなので、他のお客さんの声も聞こえてくる深仙庵の方が気に入っていました。

1日目の夕食時に従業員さんに聞くと、2日目も深仙庵で大丈夫とのことだったので、深仙庵にして頂きました。感謝です。

ちなみに昨日の夕食とは違う個室でした。これは4人テーブルですかね?昨日と比べてすごく広いです。

 

二日目の夕食は、洋食です。

パンが出てきたり、昨日とは雰囲気がガラッと変わります。

 

目に楽しい色味のサラダです。

 

パンです。おかわり自由なようです。好きなだけ食べられます。

 

パンに付けるバターです。僕はたくさん付けたいタイプです。

 

たまねぎのスープです。

 

ローヤルというウイスキーのハイボールです。

 

美味しいパンでした。こういう硬めが好みです。

 

魚料理です。二日目はこういった創作料理的なものが増えます。

毎回食事の説明をしてくれるのですが、こういったものを食べることがまずない僕は、外国の言葉を聞いているようで右から左です。申し分けない。でも美味しいのは分かります。

 

コーラハイボールです。メニューにはないですが、昨日に引き続き作って頂けました。感謝です。

 

ゆずのシャーベットだったと思います。

 

昨日の美味しい美味しいヒレ肉と同じかと思われる肉です!

食べてみると、やっぱりそうでした!(と感じました)

ほとんどレアなのに、すぐに噛み切れて味も濃厚。これ熟成肉?って思っちゃいました。旨味がものすごい。

 

白米も頂けました。やっぱり白米派。肉にご飯は良く合います。

 

最後はフルーツの盛り合わせとバニラアイス?とチョコレートケーキのプレートです。

仙仁温泉に雪が降ってきた!

晩ご飯を食べていると、雪が降って来ました。

深仙庵の個室の、窓(扉)の向こうに雪がパラパラと降っています。

雪が降り積もった仙仁温泉は、それはもうキレイで・・・。

冬に来るときは「雪の仙仁温泉だったらいいな」と思ってくるのですが、今回はそうではありませんでした(3月ですしね)。そこに恵みの雪・・・。

積もってくれるかな・・・ということで下に続く。笑

おやきが欲しい人は注文を

今回長野駅に着いてすぐ「おやき」を買いに直行したのは、前に仙仁温泉で食べたおやきがすごく美味しかったからでした。

なので「どうしても仙仁温泉のおやきがまた食べたい!」と思っていたのですが、フラッと売店に行ってみても売っておらず・・・。従業員さんに聞いてみました。

するとどうやら、5種類あってそれぞれ3個ずつの入荷らしい。じゃあ早い者勝ちか・・・と思っていたら、「取り置きしておきましょうか?」とのこと!

その分多めに入荷をしてくれるってことでしょうか?

おやきはここではないところで作られて、送られてくる、みたいなことを仰っていました。朝だけ補充されるような?感じのことも。

確実におやきを食べたい人は、従業員さんにお願いしてみるのがいいかも知れません。当日は無理かも知れませんが、翌日分なら予約できるかも。

おやきは明日、チェックアウトのときに頂くことになりました。

これは以前の写真ですが、売店に売っているときの様子です。右上のかごにおやきが入っていて、この写真では会計の為におやきを外に出しています。

フルーツやお菓子がお部屋にあるのが嬉しい

食事から帰ると毎回のようにお布団を敷いてくれているのですが、その度にフルーツやお菓子が新しく置いてあります。

すごく嬉しい。笑

前は巻き寿司?が置いてあった気もするのですが、今回はありませんでした。あってもお腹いっぱいで食べられないかも。

 

ということで夜も更けて来ました。

3日目、最終日に続きます。明日の昼にはチェックアウトです。

仙仁温泉旅行 2019年3月 その1
仙仁温泉旅行 2019年3月 その2 ←イマココ
仙仁温泉旅行 2019年3月 その3 ←次
仙仁温泉旅行 2019年3月 その4
>仙仁温泉のまとめ情報(作成中)