最強タピオカミルクティーのお店「貢茶(ゴンチャ)」に初めて行って来た

若い人に人気のタピオカミルクティーを、総本山的な、「ここで飲んでおけば間違いないだろう」的なお店で飲んで来ました。

貢茶(ゴンチャ)です。

たぶんここが、タピオカミルクティー界で一番有名で支持されてるお店なのかな?とニワカに検索した範囲では思いました。

ということでレッツゴー。

この日は高田馬場周辺で食べまくり

この日はとにかく食べまくりました。

ダイエットがうまく行っててズボンに余裕が出ると、なんか食べ過ぎちゃってダメですねえ。「今日は食べまくる日!」みたいに決めてたんですが、それにしても食べまくってます。

シメはゴンチャのタピオカミルクティー

ということで、食べまくった最後に、タピオカミルクティーの「ゴンチャ」に突撃です。高田馬場駅からほど近い場所にありましたね。

なんだかオシャレ~な感じです。ゴンチャ。

けっこう並んでるけどさすが都会の余裕

さすがは人気のゴンチャ、けっこう並んでますが、そこまでの並び具合でもないような?気がします。都会には目移りするほどたくさんのものがありますからね。僕の地元みたいに1つのものに人気が集中しちゃうなんてことはないんでしょう。

 

確実に一回り以上離れた若者に混ざって並びます。ちょっとビビってたんですが、若者はいい子が多いですね~。列の譲り合い?みたいなシチュエーションになったんですが、なんかそう感じました。癒やされます。若者応援したい。

ゴンチャのメニュー

スタバとかでもそうですが、初めて行くお店で複雑な(に見える)注文方法があるとビビるんですよね~。怖い。

でもゴンチャはこんな感じで、並んでいるときから注文方法を分かりやすく掲示してくれていて助かりました。

  1. まずドリンクの種類を決める(+アイスかホットかと、大きさを決める)
  2. 甘さを決める
  3. 氷の量を決める
  4. トッピングを決める

って感じでしょうか?分からなければ、店員さんが優しく教えてくれると思います。レジがたくさんあるので、プレッシャーを感じることなく注文できるかと思いますよ。

こちらがメニュー表。見にくかったらすみません。多分、上の画像をクリックすると、大きく表示されるかと思います。

初ゴンチャ!タピオカミルクティーを頂きました

購入した内容はこんな感じです。こういう流行りのドリンクで、二人で1,000円って安いんじゃないですかね?

あ、ちなみにタピオカはトッピングです。トッピングしないとタピオカなしのただのドリンクになるので注意してください

 

僕が注文したのは「ウーロンミルクティー」にタピオカトッピングです。店員さんにオススメを聞いたら、このウーロンミルクティーが人気とのことだったので、これにしました!

 

底にしっかりタピオカが沈んでます。これが確かにオシャレに見える不思議。

もちもちしてておいしかったです。かなり前にバイトでタピオカを戻す作業をしていたんですが、うまく戻すのって意外と難しいんですよね。もちもちの状態を維持するのが難しいというか。そこの基本は、さすがゴンチャって感じです。もちもちです。

 

裏面です。

  • 甘さは「普通」
  • 氷は「少なめ」

にしました。ちなみに氷をゼロにすると、70円高くなります。氷の分、ドリンクの量が増えるからですね。

甘さは「普通」にしたんですが、これ「多め」でも良かったかもです。もっとガンガン甘い方が好きだったかも。甘党なのになぜ「普通」にしたのか。でもおいしい。

 

妻のは奥の、チョコレートミルクティーです。

 

妻のチョコレートミルクティーは、

  • 甘さ「少なめ」
  • 氷「少なめ」

です。もちろんタピオカトッピングしております。

妻は甘さを「少なめ」にしたのですが、「おいしいけどもっと甘くすればよかった~」と言っておりました。

二人とも甘さにビビってたんですが、「とりあえず甘くしてみて、甘すぎたら今度は甘さ控えめにしてみる」方がいいかもです。

さらに地元で中華も食べました(食べ過ぎ)

最初にも書いたんですが、このあとさらに中華も食べました。

>行徳の餃子の帝王に行って来ました

ここぞとばかりに食べ過ぎました。これはいかんぞ。

なにはともあれ、ごちそうさまでした(^ν^)