国民健康保険税をクレジットカードで支払う方法(Yahoo!公金支払いの使い方)

昨年までは口座振替で支払いをしていたのですが、今年からクレジットカードで支払うことにしました。国民健康保険税!

※住所によって異なる可能性があります

今回の記事の内容は、住所によって同じことができない可能性があります。今回「Yahoo!公金支払い」というサービスを使って国民健康保険税の支払いをするのですが、この「Yahoo!公金支払い」に対応していないところもあるみたいなんですよね。

幸い、僕は現在住んでいるところは、Yahoo!公金支払いに対応していました。

まずは口座振替から納付書での支払いに変更

国民健康保険税の書類にあった電話番号に電話して、口座振替ではなくてクレジットカード納付にしたいと伝えると、「では納付書に切り替えますね」ということになりました。

予定納税は口座振替の手続きをしてあっても「国税クレジットお支払いサイト」で支払いをすればOKだったのですが、国民健康保険税の場合は納付書への切替が必要となってくる様です。

支払いは「Yahoo!公金支払い」から

手元に納付書が届いたら、「Yahoo!公金支払い」というサイトから支払いをすることになります。

>>Yahoo!公金支払い

国民健康保険税をクレジットカードで支払う場合、手数料がかかります

クレジットカードで国民健康保険税を支払えばいくらかのポイントが手に入りますが、手数料もかかりますので注意しましょう。

手数料は「Yahoo!公金支払い」のサイトで確認できます。

実際の支払い手順

Yahoo!公金支払いにアクセスしたら、上の画面になると思います。

 

「税目・料金名から探す」の項目にある「国民健康保険」を選択します。

 

自分が国民健康保険税を収める地域を選択します。

 

確認事項が表示されるのでチェックします。

 

「手数料・注意事項を確認の上、同意する」がOKならチェックを入れて、「お手続きはこちら」をクリックします。

 

「納付番号」と「確認番号」を入力します。

この2点は国民健康保険税の納付書に記載してあります。

※納付書の「期(月)」を間違えないようにしましょう。

 

納付番号と確認番号を入力したら、「次へ」をクリックします。

 

入力が正しければ、手元の納付書にある記載が画面上に表示されるはずです。

 

下にスクロールして、支払いに使うクレジットカード情報を入力します。

どうやら一括払いだけでなく、リボ払いや分割払いもできるみたいですね。表示では「15回払い」まで選択できました。実際に選択できるのかは分かりませんが・・・。

 

さらに下にスクロールして、メールアドレスを入力します(これは任意です)。

 

入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

 

その後、これまでの内容の確認画面となるので、確認をしたら、

同意のチェックを入れて、「支払う」をクリックします。

 

この画面が出たら支払いの受付完了です。

上のスクショの下に支払い内容が表示されており「このページを印刷して保管することをオススメします」とあるので、印刷した方がいいのかも知れません。僕はスクショして保存しておきました。

ちなみに先ほどの「任意」のメールアドレス入力をしていれば、同じような内容がメールで送られてきます。

慣れてしまえばカンタン!ポイントが貯まるメリットは大きい

僕は今回初めて「Yahoo!公金支払い」を使って、国民健康保険税をクレジットカード支払いしたのですが、難しいことは何もなく終わりました。手元に国民健康保険税の納付書があればいいだけですね。

クレジットカードで支払えばポイントが貯まるので、これは大きいメリットです。ただし手数料がかかるので、手数料とポイントなどのメリットを天秤にかける必要があります。

後日談1・クレジットカード明細への反映はいつされる?

僕が国民健康保険税の第一期支払いをしたのが2019年7月31日の早朝だったのですが、2019年8月1日の夕方現在、まだクレジットカード明細(WEB版)への反映はありません。

多分支払いはできていると思うのですが、少し不安になりますね。支払いが出来たという内容のメールが来ているので、大丈夫だとは思うのですが、また追記しますね。