【やよい軒】鶏もも一枚揚げ定食は、から揚げ好きには絶対にオススメしたい逸品(しかも期間限定)

2019年3月、急にやよい軒の定食が食べたくなって、妻と一緒に向かいました。

あまりにもウガウガ空腹になってしまって、耐えきれませんでした。

から揚げ好きなら絶対に食べておきたい「鶏もも一枚揚げ」

やよい軒は、入口の食券機で食券を買うスタイルです。

今回行った店舗には食券機が2つあるんですが、「後ろに人が並んだらプレッシャーだな」という心配があるので、いつも店内に入る前に、店頭のメニューで頼むものを決めています。

なのですが今回は、「鶏もも一枚揚げ定食を食べるぞ!」と心に決めてました。鶏もも一枚揚げ定食は期間限定なので、今日食べておかないと次はいつ食べられるか分からないのです。

深夜にも関わらず賑わう店内

23時30分過ぎに行ったのですが、店内はかなり混んでました。若い人が多かったですね。

駅チカの立地なことも関係あるかも知れません。やよい軒はだいたい混んでる。

「鶏もも一枚揚げ定食 790円」に無料のミニから揚げを追加

僕は「鶏もも一枚揚げ定食」を注文。

妻も同じものを注文しました。

790円って、ボリュームから考えるとやよい軒にしてはけっこう安い気がしますね。

 

やよい軒のスマホアプリでコツコツポイントを貯めると、こういういいことがあります。無料のミニから揚げゲットです。

鶏もも一枚揚げと普通のから揚げの食べ比べをする機会を偶然にもゲット。

やよい軒の「鶏もも一枚揚げ定食」が到着

鶏もも一枚揚げ定食は他のメニューより、提供にちょっと時間がかかる気がします。たぶん揚げ時間が長いのかな~なんて待つこと10分ほど。

デーン!やよい軒の「鶏もも一枚揚げ定食」が登場。

野菜の上に乗った鶏もも一枚揚げをメインに据えて、あとはご飯とみそ汁だけという潔い構成です。

 

妻も同じ「鶏もも一枚揚げ定食」を頼んだの図。

 

スマホアプリのクーポンを使った、無料のミニから揚げも到着。役者は揃った。

バリバリした食感で激ウマの「鶏もも一枚揚げ定食」は食べ方にコツあり?

食欲をそそる見た目と匂いがもうたまらん、とばかりに早速食べます。

 

鶏もも一枚揚げはバリバリした衣がめちゃうまい。単体で味がしっかりついてるので、何もつけなくてもおいしく食べられる。「衣だけ単品で追加できませんか?」とダメ元で聞いてみたい。

 

一緒についてくるこのソースですが、かなり濃いめ。美味しいんですが、これを最初にドバッと全体にかけると「失敗した~」って思うかもです。たまに「チョンチョン」って付けるくらいの距離感が良さそう。

  • 何も付けずに食べる
  • ソースをかるくチョンチョン付けて食べる
  • 醤油をかけて食べる
  • 付け合わせのサラダ(ゴマドレッシング)と食べる

この組み合わせでバランスをとりながら食べるのが良さげです。もう一度言いますがソースドバッはやめたほうがいい。ものすごい量のご飯を食べるならいいけど、という感じ。

 

みそ汁は一服の清涼剤。あとキンキンに冷えた水が最高にうまい。水がうまい定食はうまい定食。

 

から揚げもムシャムシャ食べます。これも安定のうまさ。ぼくはからげが結構好きなんですが(好きなだけ)、やよい軒のから揚げってけっこう美味しいと思います。

一枚揚げとの一番大きな違いは、やっぱり衣ですかね。一枚揚げの衣はザクザクバリバリで、味がしっかり濃いめに付いてます。

ジュワッと肉汁がこぼれる感じは普通のから揚げの方が上ですかね。違いはありますがどっちもウマいです。

 

今回はから揚げのコショウもあったので、これも一枚揚げに使ったりしました。チョンチョン付けるとうまいです。

 

ご飯泥棒のメニューなので、おかわり不可避。2杯おかわりして、合計3杯食べました。

うーん満腹満足。ごちそうさまでした。

いつの間にか始まって、いつの間にかなくなってる「鶏もも一枚揚げ定食」。次に食べるのはいつかな~。