やよい軒の納豆朝食はコスパ最強の朝ごはん【朝定食】

久し振りにやよい軒納豆朝食を食べてきました。

前にものすごくハマって食べていた時期があったのですが、生活パターンの変化で朝食の時間にやよい軒へ行けなくなっていました。実に1年ぶりに近い朝定食・・・!

やっぱりやよい軒の納豆定食は最高です。

まったく無駄のない、やよい軒の納豆朝食

やよい軒の納豆朝食はまったく無駄がありません。

  • 納豆
  • 豆腐
  • のり
  • からし
  • 味噌汁
  • 漬物

すべてが白米のために存在している素晴らしい組み合わせなのです・・・!白米のお供オールスター。

 

何を頼んでもついてくる(多分)やよい軒の漬物

細切りになっていることで絶妙な食感を生んでいます。

めちゃくちゃお腹が空いているときは、頼んだものができるまでこの漬物を食べていたりもします・・・!

でもこの漬物、納豆朝食以外を頼んだときはほぼ使わなくなる不思議。

 

「納豆朝食」というからにはやっぱり納豆

少しだけ乗っているネギですが、あるとないとでは大違い!

からしも付いているので、もちろん使います。妻と行ったときは、妻が使わない辛子も入れてしまいます。

 

みそ汁

具は少なめですが、いい味です。コレを使って最強の納豆汁を作ることも出来ちゃいます。

 

タマゴ!

納豆朝食はこの「卵」の存在感もデカいです。

納豆はやよい軒のアプリで無料クーポンが貰えたりするのですが、タマゴは貰えない(今まで見たことがない)ので、タマゴってちょっと貴重なんですよね。納豆朝食でしか食べる機会がないのです。

数年前まで「卵かけご飯と言えばすき家!」と思っていたのですが、最近は「卵かけご飯と言えばやよい軒!」に変わってきています。笑

 

焼きのり

名脇役です。

ごはんのお供として超優秀。

これを使うタイミングは人によってかなり違いがありそうです。

 

ご飯

白米です。十六穀米を選択することも出来ますが、そうするとおかわりができなくなるので、いつも白米!

美味しい白米があると、おかずの美味しさが100倍増しくらいになります。そのくらい白米は重要・・・!

 

豆腐

軽視しがちな豆腐ですが、やよい軒の納豆朝食の中に入ると、とたんに意味を持ち始めます!豆腐すらご飯のおかずになります。

最高な納豆朝食の食べ方

まずは漬物でご飯を食べます。

この漬物、他のメニューを食べているときにはあまり食べないのですが、納豆朝食を食べるときにはめちゃくちゃ減ります。笑

この時点でご飯が半分くらいになります。

 

次に豆腐で。

意外かも知れないですが、ご飯に本当に良く合うんですよ・・・。

お箸で少しずつ食べるのもいいですが、豆腐が減って来たら・・・

 

こんな風に白米を入れてしまうのも、超アリです。グチャグチャに混ぜても美味しい。

最初に豆腐の汁が入っているので、その汁をぼくは小皿によけるようにしています。味が薄くなってしまう気がするので・・・!

ここに漬物を入れても美味しいです。やったことないんですけど、七味も合うかもですね。

 

お腹が空いているときは、漬物と豆腐を食べたこの時点で、一杯目のご飯がなくなります。このときの白米の減り具合でその日の自分の調子が分かる。調子がいいときは「アレ?もう白米ないよ。早いねぇ」という感じになります。いきなりおかわり。

 

のりは卵かけご飯にするときにとっておきたいですが、5枚あるので、2枚くらいはこの時点食べてしまうこともあります。

 

次に納豆

 

納豆には漬物を多めに入れます。やってみたら美味しかったので、その後毎回入れてます。

 

からしと醤油も忘れずに入れたら、ひたすら混ぜる・・・!

 

ポイントは、納豆の入れ物にご飯を入れること!

 

こうしないと、この後、飯を食べるときに納豆の匂いがついたお椀を使うことになるんですよね。それは微妙!ってことで納豆の入れ物で納豆ご飯を食べてます。

卵かけご飯を先に食べたいときは、卵の入れ物にご飯を入れて食べます。ただし、卵の入れ物が小さいので、卵かけご飯を大盛りで食べたい人には向きません。

 

知らない人と行ったらできないかもない、もしかしたら下品・・・って言われるかも知れない食べ方ですが、納豆ご飯に味噌汁をかけても美味しいです。むしろこれが納豆朝食一番の目玉・・・!

僕はいつも定食を食べるとき、味噌汁をいつ飲んだら分からないというか、毎回最後に残ってしまうんです。だからこの食べ方は、美味しいし味噌汁を使えるし、いいことだらけなのです。

納豆汁?っていうんでしょうか。漬物もいい味を出してくれます。「もっとたくさん食べたいよ!」という場合にはみそ汁のお茶碗に納豆を入れてもいいかも。

ただし納豆×ご飯×みそ汁の組み合わせで食べると、めっちゃジュルジュルと音が鳴りがちなんで気を付けてくださいね。あんまりやると嫌われちゃうぞ。

 

最後は卵かけご飯

卵に醤油をかけて、混ぜて・・・。

 

ご飯にかけて食べます。

安定のうまさ。

子供のときはここに納豆を入れて「美味しい!」と思っていたのですが、最近はやってません。それぞれ別の方が好き。むしろシーチキンを入れたい。それか鮭フレーク。のりたまもうまいぞよ。

 

のりで巻いても良しです。

 

今日はちょっと、タマゴに対してご飯が少なめでバランス悪くなってしまったので、追いご飯をしてみました。これはこれでウマい。混ぜなくてもウマい。むしろ混ぜない方がウマい。自分が「チャーハンをおかずに白米が食べられる人種」だったことを思い出しました。笑

 

普通に食べておかわり2杯(最初の1杯目と合わせて3杯)、特別お腹が空いているときは3杯(最初の1杯目と合わせて4杯)はいけちゃいます。おかわり4杯はやったことないかも。

これで370円なんて、安すぎる・・・。

※2019年10月に390円に値上げしました。店舗によって違いがあるかも知れません。

※2020年9月5日現在、390円を死守しております。ありがたや。

やよい軒の納豆定食のカロリー

やよい軒の納豆定食のカロリーは537カロリーです。

これは他のメニューと比べてもかなり低い方!一番低いのかも?

ざっと他の栄養素も含めて書くと、

  • 537カロリー
  • たんぱく質 27.5g
  • 脂質 10.9g
  • 炭水化物 81.6g

という感じです。

ご飯のおかわりを2杯したとしても、盛る量によりますが1000カロリー前後でしょうか。

ちなみに後日、おかわりしたご飯のカロリーはどのくらいか?を検証してみました。

>>やよい軒のご飯のカロリーを計ってみた

やよい軒の納豆定食の価格・販売時間

やよい軒の納豆定食の価格は370円(税込)です。

※2019年10月に390円に値上げしました。店舗によって違いがあるかも知れません。

販売時間は、5時〜11時となっていますが、一部店舗では違う可能性があるので、事前に店舗ホームページなどで確認した方が良さそうです。

ぼくはだいたい11時ギリギリにスベり混みセーフで注文することが多いです。ちなみに納豆朝食は調理がシンプルなのか、提供までの時間がとても早いです。

まとめ・やよい軒の納豆定食はスゴい

ということで、やよい軒の納豆定食はすごいです。

ワガママをいうなら、納豆定食を全時間帯で販売して欲しいなーと。笑

安すぎてダメですかね。

とにかくやよい軒の納豆定食はお気に入りです。

また食べたーい。

ごちそうさまでした!